[Lenovo Thinkpad] Windows 10環境下で省電力マネージャーを利用可能にする方法

Thinkpad X1 Carbon (2015)を購入しWindows 10のクリーンインストールを行ったが、
フル充電状態を維持するのは好きではないので、省電力マネージャーのインストールを行った。
Windows 10用、Windows8.1用などが見当たらなかったんだけど、俺がVAIOに走っている間にいったい何があったんだ。

◆手順
64bit環境下にて、レノボ提供のドライバは全て8/1現在のものがインストールされていることが前提。

“n14u406w.exe”を下記ページからダウンロード
http://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/migr-70601

“n14u406w.exe”を実行してウィザードを進めると(最後のチェックは外す)、”C:\DRIVERS\VISTA\PWRMGRV\Setup.exe”が作成される。
右クリックして互換性タブの互換モードを「Windows 7」に設定し、あとは”Setup.exe”を実行して進めればインストール完了。
WS000012WS000000WS000013

何事も無かったかのように普通に使え、充電制御やバッテリー詳細情報の表示も問題なく動作。タスクバーにも見慣れたあいつが配置される。
むしろそれ以外の動作は一切確認していない。
WS000014WS000016 WS000015

Pin It

17 thoughts on “[Lenovo Thinkpad] Windows 10環境下で省電力マネージャーを利用可能にする方法

  1. lenovoに電話してもos10だと充電制御不可、
    バッテリーは消耗品だからしゃーないの一点張りでした。

    この記事で助かりました。
    ありがとうございます。

  2. 問題は、Build10576以降では電源管理やBluetooth等の一部ツールやドライバに関する互換判定が厳しくなったのか、この方法は使えなくなりました。
    また、省電力マネージャーを適用した状態で2015年11月のWindowsUpdate(NovemberUpdate(Build10586))を適用すると、中途半端に省電力マネージャーが削除されてOS起動時にマネージャー関連の実行DLLエラーを表示するケースがあります(回避方法今のところ存在せず

    なので今後はOS標準で行うか、新ツールの「Lenovo Setting」を試してみるしか無さそうな感が個人的にはします。

  3. 通りすがりのものです。突然の投稿で失礼いたします。
    昨日Build10586を適用し、タスクバーから電池マークのアイコンが消えていたので、再インストールしようとしてエラーとなり、困っていたところ検索でここに辿り着きました。
    ところで、起動時に出る「DLLエラー」を出さない方法は無いのでしょうか。
    アンインストールしようとしても、リストには出ていないので。

  4. 前述の者です。いくつか回復作業を行ったりTechNet等を探ってはみたのですが、現状では打つ手無しなので一番手っ取り早い方法は、

    クリアインストールし直し → 省電力マネージャーは諦めてLenovoSetting+Lenovoバッテリーメーターで代用する

    というのが現状では現実的かもしれません(但しこの方法の場合、旧ツールの様にバッテリー充電閾値設置・リセットは出来ません

  5. 匿名様 回答ありがとうございます。
    lenovo setting+バッテリーゲージを入れてみました。
    確かに電池残量は表示されますが、ただそれだけですね。(泣)

    詳細な閾値設定はあきらめて、使っていたのですが、
    私は「タスクバーを自動的に隠す」で使っているのですが、一旦隠れて
    次に出てきたときには電池残量表示が消えてしまいます。
    (表示されていたスペースは空白になっている)
    放置しておくと、約1分後電池残量表示が復活します…がこれは
    仕様なのでしょうかね?

  6. >放置しておくと、約1分後電池残量表示が復活…
    うちはタスクバー固定運用が前提なので、そのあたりの検証はしてませんでしたので分かりません。お役に立てず申し訳ありません。

    あと省電力マネージャーだけでなく、指紋認証ツールも機種によってはTPMのソフトウェア制御周りでおかしな事をしてるのか、Windows10ではドライバが認識はしても指紋読取りが出来なくなるケースがありますのでご用心を。
    特に林檎に吸収合併されたAuthenTec製リーダーを使用してる、X200/T400等の初期3桁型番は要注意。ネット検索でドライバVer 3.4.4.1027以降を探して当てればOKですが、念の為ThinkVantage系ツールは使わず、10標準のWindowsHelloを使用した方が無難かもしれません。

  7. 指紋認証について追記。

    この事象はドライバ自体の問題で、ちょっとでも古めのドライバが当たっているとThinkVantage指紋認証ソフトウェアだけでなくWindowsHelloでも発生します。
    但し今回の省電力マネージャー周りの問題から考えると、今後のメジャーアップデートでも同様の問題が引き起こされる可能性が高いと思われますので「一部を除き極力OS標準機能を使った方が無難」というのが個人的な意見です。

  8. 匿名様
    重ね重ね丁寧な回答ありがとうございます。
    なんともドライバはデリケートですね。

    これからもWindows10はアップデートを重ねていくでしょうから、
    その度に今回のように「動作しなくなってしまった~」っていう
    事象が増えてしまいそうですね。

    情報収集に精を出さないとダメですね。(汗)

  9. 10576以降で互換性の無いアプリが消される問題、2chのX Tablet板でこの様に解決してる方がいる模様です(但し自分は未検証なので、実施される方は完全自己責任・ノークレームでお願いします

    以下原文そのまま転載
    ———————————————————————————————————–
    974 名前:[Fn]+[名無しさん][sage] 投稿日:2015/11/18(水) 11:43:13.24
    先達のおかげでゴミクズMSの罠を突破できたから書いておくわ
    ここ情報
    ttps://www.reddit.com/r/Windows10/comments/39anbv/windows_10_deciding_what_i_can_and_cannot_run/

    1.Windows ADK for Windows 10をインスコ
    一番上の互換性チェックキットみたいなところだけチェック入れて後は外していい
    2.Compatibility Administratorを起動させる
    3.左ペインからApplication下のLenovo Power Managerを選択
    4.右ペインでSetup.exeを選択して右クリック、Disable Entry
    5.省電力マネージャーを7互換にしてインスコ

  10. ADK利用でインストールはできましたが、充電閾値の設定は有効に機能しませんでした。65%開始80%停止に設定し、機能している旨の表示はあるものの100%まで充電されてしまいます…

  11. x201sです。ADKを使ってインストール、充電のしきい値を設定しましたが、再起動かスリープからの復帰でときどき満充電設定に戻ってしまいます。LenovoSetting+Lenovoバッテリーメーターでは、やはり満充電設定しかできません。

  12. ときどき満充電設定に戻る件についてですが、レジストリの充電のしきい値設定が勝手に無効に設定されているためと分かりました。具体的には
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Lenovo\PWRMGRV\ConfKeys\Data\(バッテリーのシリアル番号)\ のDWORD値 ChargeStopControl と ChargeStartControl が 0 になっていました。デフラグ終了時に設定されることを確認しましたが、ほかにも設定される状態があるのかも知れません。とりあえず定期的にレジストリを監視し、ここが 0 になっていたら 1 に戻すプログラムを作ってみるつもりです。

  13. 私も、設定したレジストリ値がいつの間にか0になってしまう事象に悩まされていました。

    「ランジェリー旬報」というサイトで紹介されている
    【ランジェリー旬報法】
    を発見して試してみましたが、今のところ、効果があるようです。
    今までなら、そろそろ「勝手に満充電」のはずですが、その気配がありません。
    良い感じです。

    無断でリンクを貼ったり、内容をコピペするのは良くないと思うので、ここでは紹介しませんが、検索をかければ簡単に見つかると思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

    • 私も【ランジェリー旬報法】を試しています。適用後は常駐タスクが無くなるせいかタスクバー上の省電力マネージャーのバッテリー残量が表示されなくなりますが、省電力マネージャーを起動すれば残量は表示されます。windows 標準のバッテリーメーターには影響なく、省電力マネージャーはそこから起動できます。私は省電力マネージャーのツールバーを消しています。

  14. Pingback: Windows10でThinkPadの省電力マネージャーを使用する方法 – よしなしごと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。