Root権限取得済みのGalaxy S6 edge (SC-04G)にMVNO SIMを刺してテザリング

Screenshot_2016-03-13-15-25-58
タイトル、長いな。

Galaxy S6 edge (SC-04G)はテザリングの際に参照されるAPNがSPモード固定となっているため、MVNO SIM、いわゆる格安SIMを刺すとテザリングを満足に利用することが出来ない※
そして、そんな話は到底受け入れられない。
※Googleマップのアプリ起動すると繋がるが、挙動が不安定で信頼に足らず。

 

■まずBluetoothテザリングとUSBテザリング。

前者は省エネ、後者は充電しながら行え、いずれもエコ。
そしてこれまたエコなことに、いずれも「PdaNet+」をインストールすることで利用可能。
PCにもソフトをインストールして利用する必要があり汎用性は低いが、買ってしまったものは仕方が無い。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pdanet&hl=ja

 

■次にWi-Fiテザリング。

PdaNetやFoxFiでは端末のテザリング機能をそのまま使うため、アウト。
tether_dun_requiredその他を書き換えても、アウト。

こちらはRoot権限取得済みの環境下で「WiFi Tether Router」をインストールすることで利用可能。
起動が遅く、電池消費も激しいのでおすすめはできないが、買ってしまったものは仕方が無い。
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.snclab.wifitetherrouter&hl=ja

 

ちなみにアプリは購入後2時間以内なら返品可能
https://support.google.com/googleplay/answer/2479637?hl=ja

公衆無線LANの普及で日常で使うことはほとんど無くなったが、ここ一番で確実に繋がる通信手段を持っておくのは悪いことではない。

Pin It

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。